地球環境のために今できること

PR|おすすめのISO研修
地球環境は様々な課題を抱えています。大気汚染、土壌汚染、水質汚染、放射性物質による汚染などどれも深刻です。またこれらの環境問題は未来にツケをまわすという性質を持っています。今を生きる私たちの行動が、未来の子どもたちの生きる環境を決定することになります。未来の子どもたちのためにも、現在の大人が責任ある行動をとらなくてはいけません。

環境問題は規模が大きすぎて自分の手に負えないと感じることもあります。そのような中で、比較的始めやすい行動が「よい食べ物を選ぶ」ことです。

ここでいうよい食べ物とは、環境に対する負荷が小さく持続可能な方法で生産された野菜や穀物です。今、日本の農業技術は多方面に進化してきています。中には農薬や化学肥料を使わない方法を実践している農場もあります。自分が実際に見学させていただいた農場の中にも、持続可能性の高い農場はたくさんありました。日本全国、探せば身近にあるはずです。

化学肥料や農薬を使う慣行農法は安定した食料供給に尽力しています。それはありがたいことですが、環境汚染につながっているのも事実です。一斉に変えるのは難しいかもしれませんが、少しずつ環境にやさしい農法にシフトしていく必要があります。

環境にやさしい食べ物ということは、食べている人間にとっても優しい食べ物になってきます。特にこれから成長していく子どもたちにとって、環境に優しい方法で作られた作物をいただくことは、健康で病気になりにくい体を作ってくれるということです。

都会に暮らしている人びとも、環境にやさしい農法でつくる食べ物を求めてiターンをし、自給自足をする生活にシフトする人も見られます。環境問題と一緒に、自分の健康や、食べ物についてもう一度見直すという動きが増えてきている証拠です。

環境にやさしい農法で育てられた作物を選ぶことは、地球環境のために今できることのひとつです。自給自足とまでは行かないにしてもまずはスーパーで購入するときに農法の書かれた食べ物を選ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。

PR|女性向けエステ.com|住宅リフォーム総合情報|GetMoney|生命保険の口コミ.COM|初値予想|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|JALカード|生命保険の選び方|童話|家計見直しクラブ|マッサージのリアル口コミ.com|オーディオ|サプリメント|貯蓄|