病院感染対策研修 冬季感染対策

投稿者: | 2018年2月18日

病院に勤務している看護師です。病院に勤務していると、義務付け研修というものがあります。内部の研修から外部で受講するISO研修などいろいろあります。その一つが感染対策研修で、年に2回は参加の義務が生じます。全職員が対象となるため、病棟勤務以外のコメディカルスタッフも参加しなくてはならないのです。

 

感染対策といっても、感染症が流行るのはやはり冬季、今の時期です。2018年1月に入ってから、インフルエンザの流行が爆発的になってきていて、近隣の小中学校では学級閉鎖・学校閉鎖になっています。インフルエンザとともにより強力な感染力を持つのがノロウィルスです。インフルエンザよりも伝染力・感染力が強い為、病院に入院している患者様へ感染させない努力が必要となります。

 

一番の感染予防は、マスクの着用・手洗いうがいの励行・発症者の隔離がTOP3に入ります。感染症の種類によって、対応は変わってきますが、基本的な予防策は上記の対応が一番です。もともと土中に含まれるウィルスが空気中に舞ったり、海産物を生のまま摂取したりすると発症のリスクは高くなります。感染を確実に防ぐ方法はありませんが、「うつさない・もらわない・ひろげない」の認識をみんなが自覚するだけでも、感染症のリスクは下げられるのです。