ダンボールと電気の節約会社

投稿者: | 2017年9月20日

私が勤めている会社は食品製造の工場です。ISOセミナーを受けた内部監査員が定期的に検査に来るので、ダンボールと電気の節約を気にかけています。売り上げに対して原料費に含まれる製造費を節約したいので、無駄な電気を消す!とハリガミがあちこちに貼ってあります。いっぱいハリガミがあると、まるで誰かに電気を無駄遣いしてないか監視されているような気持ちになります。職場の皆さんも同じことを言っていました。なので必ず作業をしていない機械は電源を消し、使っていない作業場の電気は消します。また食品製造の工場のため、衛生管理ということで空調と湿度がちょうど良くなるよう保たれてますが、扇風機を使ってよりエコに空調と湿度がちょうど良くなるようになっています。またダンボールに梱包するのですが、失敗して廃棄する無駄なダンボールを余計に増やさないよう数量のチェックが二人合わせて二回行われます。またそのダンボールも再生紙で作られていてとても地球に優しいです。節約だけでなく地球にまで優しいのはすごいと思いました。